2018年7月

計算の使い分け(小数点の処理)

この間、面談中に保護者の方が 「下の子が小学生なんですけど小数の割り算がよくわからないみたいで、、、。」 とおっしゃっていました。 よくわからないまま、なんとなく計算している小学生はかなり多いのではないのでしょうか。 しかし、小数の計算になんとなくは通用しません。 小数の計算は①たし算、ひき算、②かけ算、③わり算で小数点の処理の仕方が違います。 ひとつひとつの計算の処理は難しくないのですが、たし算 […]

中1のはじめのつまづき

中3は受験勉強がはじまり、最近入塾した生徒や数学の苦手な生徒には課題として中1で習う、正負の数、文字式、方程式、比例式の計算問題を解いてもらっています。 計算問題を解いてもらうと中学生のどの時点でつまずいたのかがわかります。そして計算問題でのつまずきは取り戻すのが非常に大変です。 特に正負の数、文字式、方程式は中学数学の基礎中の基礎になり、この計算ができなければ中2、中3で習うほとんどの問題が解け […]

計算力の差

中学生の一学期期末テストの結果を見て、数学の得点はその子の計算力(計算問題をはやく、正確に解く力です。)とほぼ一致しているように思います。 計算力が「ある」生徒と「ない」生徒はテスト対策期間の学習や、普段の授業で少しずつ差がついていきます。 例えば、同じ一時間半の授業を受けたとしても計算問題を50問解くのと100問解くのでは50問分の差がつきます。 計算力のない生徒が計算ミスで答えがなかなか出ない […]