優しすぎる塾

お子様を小学生から塾に通わせるのは

「中学生になってから勉強で苦労しないように。」

という思いがあると思います。

もちろん、学校の内容を先取りして学習することはかなりのメリットです。

しかし、注意して塾を選ばないとかえってよくない結果を及ぼすこともあるかもしれません。

例えば、授業中に騒いでいても怒られない、宿題を忘れても怒られない、無断で遅刻しても怒られない。

もし、これから通おうとしている塾がそういった優しすぎる塾だとしたら、

中学生になるまでに「授業をしっかりと聞かない。」「宿題をきちんとやらない。」「時間を守らない。」とよくない癖を身に付けてしまい、かえって苦労してしまうこともあるかもしれません。

山口学習塾の小学生教室でも授業の始まる前はみんなで話をしますが授業が始まると勝手なおしゃべりをする生徒はいません。

そして、休み時間になるとまたみんなで話を始めます。

宿題をいい加減にやってきた場合はやり直ししてもらいますし、理由のない遅刻は許しません。

私は怒るべきときに怒らないというのは優しさではないと思います。

塾を選ぶ際にはいろいろな塾で授業を体験してみてください。

特に授業中の勝手なおしゃべりが許されている場合は注意が必要かもしれません。