いよいよ中1は文字式の計算!

小学生教室のときから塾に通っている生徒とそうでない生徒で一番差がつくのが文字式の計算。

文字式の計算の習得には、かなりの量の計算練習が必要になりますが一学期中間テストが終わってから一学期期末テストまで時間がほとんどありません。

数学の得意な子ならば平気かもしれませんが、多くの中学生は学校の授業だけでは計算練習が足りていないようです。(去年、6月以降に入塾した中1の生徒のほとんどが文字式の計算でつまずいていました。)

小学生教室で文字式の計算を学習していた生徒は解き方を忘れてしまっていても、問題を解いていくうちにすぐに解き方を思い出してくれます。

しかし、中学生ではじめて文字式の計算を学習する生徒は、相当な量の計算問題を解かないと解き方が身につきません。そういった子はここでしっかり解き方を身に付けておかないと数学が苦手になってしまいます。

ここから次のテスト対策期間まで約3週間です。何とか文字式の計算の解き方を身に付けましょう!