漢字が苦手(小学生国語教室)

国語が苦手だったり嫌いな生徒はよく「漢字が苦手。」と言います。

漢字が覚えられないのは「漢字を覚えなければいけないという環境」がないからです。

学校でも漢字テストはあると思いますが合格できなくても何もペナルティがないことがほとんどのようです。

ペナルティなしでも漢字がしっかり覚えられる生徒は本当にごく一部です。

漢字が苦手と言っている生徒でも合格点を設定して

「合格できるまで再テスト。」

中学生はこの一言でみんな漢字を覚えられるようになっていきます。

小学生は再テストの代わりに宿題の漢字練習の回数を増やしていきます。

大事なのは覚えなくてはいけないという環境を作ることです。