中1のはじめのつまづき

中3は受験勉強がはじまり、最近入塾した生徒や数学の苦手な生徒には課題として中1で習う、正負の数、文字式、方程式、比例式の計算問題を解いてもらっています。

計算問題を解いてもらうと中学生のどの時点でつまずいたのかがわかります。そして計算問題でのつまずきは取り戻すのが非常に大変です。

特に正負の数、文字式、方程式は中学数学の基礎中の基礎になり、この計算ができなければ中2、中3で習うほとんどの問題が解けないといっても過言ではありません。

当たり前の話ですが中学数学は学年が上になるほど難しくなっていきます。

どこかでつまずいてしまうこともあるかもしれませんが中1のはじめのつまづきだけは絶対にして欲しくありません。

つまづいてしまった後の数学の授業というのは本人とってかなり辛いものになるに違いないからです。

山口学習塾に通ってくれている小学生には絶対にそんな目にあって欲しくありません。

今、ちょうど小学生計算教室で小6は正負の数の計算問題を解いていますが計算のコツさえ掴んでしまえばそれほど難しい計算ではありません。

順を追って計算練習していけば正負の数、文字式、方程式までは小学生でも解けるようになります。

去年の小学生計算教室の生徒(現中1)も中学生になるまでに方程式まで解き方をマスターすることができました。

計算問題というのはしっかり解き方が身に付くとなかなか解き方を忘れません。

一度自転車に乗れるようになってしまえば、乗り方を忘れないのと一緒です。

中1のはじめでつまづかないようにしっかりと学習していきましょう。