計算の使い分け(小数点の処理)

この間、面談中に保護者の方が

「下の子が小学生なんですけど小数の割り算がよくわからないみたいで、、、。」

とおっしゃっていました。

よくわからないまま、なんとなく計算している小学生はかなり多いのではないのでしょうか。

しかし、小数の計算になんとなくは通用しません。

小数の計算は①たし算、ひき算、②かけ算、③わり算で小数点の処理の仕方が違います。

ひとつひとつの計算の処理は難しくないのですが、たし算、ひき算、かけ算、わり算が混ざった小数の計算になると急にミスを連発します。

ミスをしてしまう理由は3つの計算方法を使い分けるという訓練をしていないからです。

この計算の使い分けるという作業は次に習う分数、そして中学生で習う計算でも非常に大切になってきます。

使い分け作業の苦手な子は小学生のうちに訓練しておかないと中学生になったときに数学でつまづく可能性が非常に高くなります。

夏の小学生教室では小数の計算の使い分けを特訓していきます!

この夏で小数の計算は完璧にマスターしましょう!